和食は健康にもよい!繊細な料理を楽しもう

華やかにアレンジされた和食にも注目しよう!

和食は健康にもよい!繊細な料理を楽しもう

定食

世界でも注目されている和食

和食は四季折々の素材を活かしたり、地域によって独特の味付けにて調理を行っています。日本人にとっては日常的に食べる馴染みある料理ですが、外国人の方にとっては繊細で素朴、ときには華やかな和食は注目されている料理です。川越にいらっしゃる外国人の方は、多くの緑黄色野菜や根菜類、魚などを使うことが和食のヘルシーさも注目しています。

創作和食というのは?

創作和食は和食の中でも料理人が自由な発想の料理です。和食は新鮮な季節の素材を取り入れながら、栄養のバランスも重視し美しさがある料理です。特に和食は包丁の技術が巧みに駆使されて料理を作り上げていきます。和食は味だけでなく色鮮やかで見た目も美しい料理です。そんな和食にさらに自由な発想をプラスしてオリジナル性がある和食が創作和食です。

気になる和食の定義

和食には五法・五味・五色が大切

和食では、五法・五味・五色を大切にしています。五法とは調理方法のことで、生物を切る、煮る、焼く、揚げることです。五味とは、酸味と苦味、甘味、辛味そして塩味といった5つの味のことです。また、淡味をプラスして六味とすることもあります。そして、五色とは5色の色を表し白、黒、黄、赤、青(または緑)のことです。

適した状態を意識することが大切

温かいもの、冷たいものそれぞれ適した状態で食べていただくことは大切です。多すぎずそして少なすぎず適量に、食べていただく方の年齢や性別に合う素材を使います。雰囲気に合う和食やテーブルコーディネート、そして技法を使いながらも懲りすぎることなく手を加えていきます。

五感をすべて使って料理を堪能する

日本人は食事に味だけでなく、歯ごたえや喉越しなどの食感を楽しみ、さらに眼やニオイなどからも料理を楽しみます。そのため5つの感覚を使って料理を堪能していきます。5つの感覚とは視覚、聴覚、味覚、触覚、臭覚といった五感です。五感をすべて活用しながら料理を堪能していきます。