予防法と最新治療

予防法

man and woman

脳梗塞というのは脳の中の血管が何らかの原因で詰まってしまい、つまった先の脳細胞が壊死してしまう病気で、治療したとしても後遺症で長い間苦しむ可能性があるというとても恐ろしい病気です。日本ではがん、心筋梗塞に次いで死亡率第三位の病気で患者の数も増加しています。脳梗塞は何もすべての場合で症状が起こるとは限らず、全く症状が出ないという場合もあります。これを隠れ脳梗塞といいますが、この隠れ脳梗塞を持っている患者さんは10年以内の脳梗塞を再発させる確率が隠れ脳梗塞でない患者さんの10倍以上ととても高い確率です。脳梗塞を予防するにはとにかく血液をサラサラにすることが一番です。魚の脂に含まれるEPAやDHAには動脈硬化を防ぐ効果があることが分かっています。

最新治療

日本での脳梗塞の死亡者数は毎年約13万人にものぼります。患者数はこの10倍の130万人で、高齢化に伴って日本ではこの脳梗塞の患者の数はこれからさらに増えていくと予想されています。いままでの治療法は原因である血栓をできにくくするというような予防法的なものにすぎず、しかもその効果はとても低いものでしかありませんでした。しかし、最近t-PA静注療法という治療法が確立されえ話題となっています。このt-PA静注療法というのは、脳の中にできた血栓を特殊な薬品を使って溶かし、脳への血液の流れを回復するというものです。これまでの治療法と違い、画期的なのは脳の機能をある程度回復することができる当店です。しかしながら問題点もまだあるため、今後さらなる研究が必要です。