初めてでも喜ばれる!接待に最適なお店を見つけるには

立地や個室の有無は必ずチェック!接待に使えるお店とは

接待するお店選びは大変!

接待は、取引先や大切なお客様をもてなすために行います。よりよい仕事を行っていくためにまた信頼関係を深めるためにも接待を行うことは重要になるため、先方に喜んでもらう場所を選ぶこととなります。銀座はアクセスの良さや和食やイタリアン、フレンチなど幅広い料理からお店を選らぶことができ、接待する場所選びにはおすすめの場所です。

接待するお店を決めるポイントランキング!

no.1

エリア選びはアクセスの良さと要望

接待選びにはアクセスの良さがポイントとなります。相手の会社から近い場所または電車でいらっしゃる場合には駅から近い場所を選びます。会社から近くても帰宅時に不便にならないように、通勤路線の確認などの確認も大切です。いつもと違うエリアに行ってみたいというときには、相手の要望を取り入れるようにします。

no.2

相手の好みを情報収集しておく

接待するお店は和食や洋食、中華など幅広くありますが、単純に人気店や高級店を選ぶだけではNGです。会社に自分以外で接待したことがある人がいる場合には、好みなどを確認してからお店を選んでいきます。日頃の何気ない会話からも、相手の食の好みや気になっているお店などの情報を得るようにしておきます。

no.3

個室があるお店を選ぶ

接待をするときには、仕事を円滑に進めるために、また相手との関係を密にするために行います。ときには、仕事の延長のように話や大切な話をすることもあるため個室があるお店を選ぶことも重要です。特に年を重ねた人との接待にも落ち着いた雰囲気を出すためにも、個室の利用がおすすめです。

no.4

相手に合わせたお店選びをする

若い人から年齢を重ねた方、そして男性だけでなく女性と幅広い方に接待は行いますが、接待相手全員同じような趣向のお店を選ばないように注意します。若い人には堅苦しくないお店を選び、重役など年齢を重ねている人には落ち着いたお店を、女性にはおしゃれな雰囲気や話題のお店がおすすめです。

no.5

お酒の好みを調査してお店選び

接待にお酒はつきものということはありません。お酒が苦手な人もいますし、梅酒やカクテルなどを好む人もいます。日本酒が好きな人は日本酒に力を入れているお店を、お酒が苦手な人がいる場合にはソフトドリンクやノンアルコールが豊富にあるお店など、相手に合ったお店を選びます。

初めてでも喜ばれる!接待に最適なお店を見つけるには

レストラン

接待するお店をどうやって探す?

接待するときには、相手に便利な立地や飲食の好み、そしてお店の雰囲気や個室の有無からお店を選んでいきます。一番おすすめの方法がインターネットの検索サイトの活用です。検索サイトでは「接待」というワードで検索することもできますし、接待に特化しているお店を検索できるサイトあります。
また上司に相談をしてみるとお店を紹介してもらうことも方法のひとつです。

こんなお店は選んだらだめ

飲み会などに利用されやすいチェーン店は、接待には向いていないため、少し高めのお店を選ぶようにします。また暗めのお店は接待には向いていません。基本的にはデート用のお店は基本的には接待に不向きなお店と捉えていた方が無難です。また、利用する客層が若い場合には、他の利用客で店内が盛り上がっている場合があります。接待をする年齢に合ったお店のコンセプトを選ぶようにします。

接待する側必見!マナーについて

接待の日時は先方の都合を優先します。接待当日には、先方よりも先にお店に到着するようにし、そして席次に注意します。携帯電話はマナーオフまたは電源をオフしておき、タバコは先方が吸わない場合には控えるようにします。宗教や政治問題などの会話は避け、趣味や休日の過ごし方などを中心にネタはあらかじめ仕込んでおくようにします。お酒は飲み過ぎないようにし、また相手にも無理に飲ませないようにします。

接待する時間帯に決まりはあるのか

年を重ねた重役などとの接待の場合には、開始時間は基本18時からですが、接待の開始時間は相手の都合に合わせて設定します。若い方との接待などでは19時以降であったり、ランチタイムに接待をしたり、ゴルフ接待などもあり接待の方法は幅広くありますので、臨機応変に時間を設定していきます。どんな時間に設定しても、接待相手よりも遅くお店に到着することはNGです。開始時間の遅くても15分~20分前に到着し、トイレの場所の確認など事前チェックを十分しておきます。

どんな接待も相手が楽しんでくれたらOK

接待の席は夜お酒を飲むだけではありません。昼食を食べながら行うランチタイム接待やゴルフや釣り、観劇やスポーツ観戦など相手の趣味に合わせて接待をする方法もあります。二次会ではカラオケ接待という方法もあります。