脳細胞が死んでしまう

man

脳梗塞の発症は生活習慣の改善で低く抑えることができます。特に喫煙は動脈硬化を早める危険があります。最近は病院にも禁煙外来もできてきました。禁煙を行い動脈硬化にならないことが発症のリスクを少なくするポイントになります。

詳細を確認する...

生活習慣が及ぼす脳の病気

病気の原因と初期症状

医者

食生活や生活習慣の乱れは様々な病気の原因となります。日本人の死亡原因としてがんや心筋梗塞、脳梗塞が挙げられますが、これらの病気は食生活や生活習慣の乱れ、加齢が原因です。梗塞とは血管に血の塊ができて血液が流れなくなり、細胞組織が壊死してしまう状態です。脳梗塞は壊死した場所によって体に麻痺が残ることがあります。脳梗塞には幾つかの初期症状がありますので、いざという時の為にみていきましょう。吐き気を伴う激しい頭痛、ろれつが回らない、片方の手足に麻痺の様な症状が脳梗塞の前触れとしておこります。症状は個人差があり全ての症状が起こる訳ではありません。しかし、誰にでも起こる可能性があるといわれていますので、気づいたら内科等で相談してみましょう。

早期治療が重要

脳梗塞が生活習慣の乱れによるものが原因であることは述べました。具体的には高血圧や糖尿病、飲酒、喫煙等が脳梗塞を発症するリスクを高くします。脳の壊死した組織が指令を出している体の各箇所に障害がでます。脳梗塞を起こしている本人は勿論ですが、周囲の方もろれつが回らない、動作に異常を感じたら病院で診察受けるように勧めましょう。脳梗塞が初期の場合は内服薬で治療が行われます。血栓を溶かす薬や脳の腫れを抑える薬などが処方されます。しかし、脳の場所によっては後に後遺症が残ったり寝たきりとなってしまう場合があります。早期に治療を受けることで、職場復帰や家事ができるようになります。治療後も食生活や運動不足にならないように気を付けていくようにしましょう。

予防法と最新治療

man and woman

脳梗塞は脳の血管が詰まって脳細胞が壊死する病気で、高齢化に伴って患者数が増加している病気です。予防するには魚を食べて血液をサラサラにするのが効果的です。細菌血栓を溶かして脳の機能を回復させる画期的な治療法が確立されましたが、問題点も多く、さらなる研究が必要です。

詳細を確認する...

健康な生活のために

Doctor

脳梗塞は突然起こる怖い病気だと思われていますが、実際は生活習慣を改善することで十分に予防できる病気です。食事や運動に気をつけることが何よりも大切です。万が一初期症状に気がついたならば、すぐに病院へ行きましょう。

詳細を確認する...